お財布について

将棋界では中学生が世間を賑やかにしているが、タレントの誰だったか忘れたがガムテープのような財布を持ったようなガキに負かされやがって、などとコメントをしていた。詳しいことは忘れたが、ガムテープのような財布といったのが面白かった。お金はしっかりとした革の財布に入れて持ち歩くのが常識、もちろん中学生にそんなことを言ってもしょうがないのだろうが。

 

しかしよく見てみると、財布に無頓着な人はほんとうに多い。高そうなスーツを着ても安全靴のような薄汚い靴を履いていればイメージは台無し、財布にも同じことがいえるのかもしれなし。いい年をしたおっさんがボロボロでレシートやガードで膨らんだ二つ折りの財布を取り出せば、なんというかその男の正体がわかってしまう。

 

またお金の取り出しかたもそうである、こういったことは見る人は見ている、店員さんが客を値踏みする時などがそうである。

スーパーで買い物を救時などついついおばさんさちの持つ財布に目が行ってしまう、総じていえば革製、ジッパー付き筆入れのような大きさで収納力バツグンタイプ、中にはみなさんカードがたくさん入っています。

 

たいしておっさんはどうかというと、どうもさえない。小銭入れに小さくたたまれ無理やり押し込まれた千円を引っ張り出して広げる姿は哀愁すら漂っている。やっぱりお金はキレイで良いお財布にしまっておきたいものですね。

 

特に大人になったならそれなりのものは持ちたいもの、ではここ静岡で探すとならばどこがいいのでしょうか。金運を考えるのなら占い師さんに相談するのも一つでしょう。そんなことまで占ってくれるの、と思うかもしれませんがペットの気持ちまで相談もできますよ。

 

もちろん先生によってですが。2017年も折り返しです、心機一転を図りたいところ、では下期の自分の運勢はどうなんだろう。やっぱり占ってもらおうかといった人がとても多いんです、と占い師さんは言っていました。

 

もちろん僕も鑑定をお願いした人間の一人です。ちなみにお財布についてはまだ換える必要はありません、とのことでした。