高額アルバイト

高額アルバイトと入力してあれこれ検索をすると「冠婚葬祭サクラ」という仕事があることを知りました。たとえばめでたく結婚式を挙げるにせよ、会社関係者や友人など呼んで行うのが恒例となっているわけですが、なかには無職だとかわざわざ休日に、それに祝儀まで用意してきてくれるような関係の友人などいないといった人だっているわけです。そんな時に花を添えてやる「フリ」をしてやる仕事です。

 

バカバカしいとは思いますが、こういった仕事が成り立っているのも事実、ようするに必要とされているのでしょう。体裁や見栄もあるでしょう、僕なども人間関係が苦手というか嫌いなタイプなのでこういった気持ちはよくわかります。しかしこうなると組織とは有り難いものです。どんなにいやな奴でも、不幸があれば顔を出さざるをえません。相手からしてみても顔が立つわけですから。

 

やっぱりバカバカしい話ではありますが。しかし自分自身がくたばった時、いったい誰が送ってくれるのでしょうか、村八分とはいっても家事と葬式の2分については話は別、手を貸しましょうとなっているではないですか。サラリーマン時代総務関係の仕事をしていたので、よく葬祭ごとには手伝いとして顔を出しましたが、参列者の数が故人の生きざまをあらわしているように見えてしまいます。

 

さてそんな高額アルバイトの中面白そうだったのが「チャットレディ」、おもしろそうというよりも極めてまともな商売として映ったからです。ネットキャバクラともいわれていますね、チャットを通してエッチな会話を楽しむサービスです。時給は4200円などと謳っていますが正しくは「分給」、相場は60円くらいでしょうか。

 

時給とはあくまでも60分間会話が出来たらの換算で会って5分で終われば300円でおわりです。募集広告は調子のよいことばかり書いてありますが、実際稼ぐことは難しいでしょう。だから稼ぐ人は稼ぐのです。風俗の仕事として割り切ってのぞめばそこそこ行くのではないでしょうか。なによりも在宅でもOKなにが魅力でした。