読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逃げるように後にした二軒の店での出来事とは

久しぶりに神田神保町を歩きました。

 

石井は読書家ではありませんが本好きです、そして読書家や本好きが集まるこの街が大好きです。「仙人になる方法」という本を値段も確かめずレジに持っていくと3800円もぼったくられてしまいました、まあそれだけ価値があるのでしょうが。

 

三省堂の横にある店に寄ると、店主と来店された古風なオヤジがなにやら話し込んでいました、それとなく聞き耳を立てると「地震からいかに身を守るのか」がテーマのようでした。

 

ここでもし地震が来たらうず高く書棚に詰め込められた書籍の落下から、いかにしておのれを守るのか、こんなことですね。

 

古風なオヤジは多少興奮気味に「だから文庫本になっちまうんだ」と持論を展開します。そして「文庫本のほうが高えじゃねいか、世の中から本屋が消えちまうぞ」とよくわからないことを言っています。

 

店主は適当に相槌を打っているようでした。「ここで地震が来たら・・・」石井も考察してみました。店内には店主と古風なオヤジと30代風のアベック、そして石井の計五名、出口の間口は90cm、見上げれば3m近い本棚には当然ながら分厚い本で埋まっています。

 

「たしかに危険だな」石井は古風なオヤジの意見も一理である、と小さくうなずいてから逃げるように店を後にしました。

 

それからお茶の水駅に向かって歩きました、ここには楽器屋さんが並びギター好きな石井にとってはたまりません。

 

途中何件か覗いてみましたが、奥から歪んだギターのバカでかい音がする店がありました、試奏の最中なんですね。しかしヘタクソです「恥ずかしくねえのか、こいつ」石井も眉を顰めます。

 

そして続けて聞こえてきたのが「ばっ・ばっ・ばー、ばっばっばっばー、ばっ・ばっ・ばー、ばっ・ばー」わかりますか?

 

リッチー先生の有名な4度リフですね、いったいどんな野郎なんだとアンプのそばに移動して見ると、案の定おっさんではないですか。

 

横っちょに立っている店員さんも気持ちうんざりしています。

 

こうなると聞いているこっちが恥ずかしくなりこれまた逃げるように店を後にした次第です。