尾道の思い出

20年ほど前に尾道を旅したことがある。5月の連休であったが天気が曇りで、尾道の駅に着くと今にも降り出しそうであったことが妙に頭に残っている。あの頃はデジカメなどまだ珍しく旅には「写ルンです」をよく持参した、そんなカメラで撮影された写真集が…

お財布について

将棋界では中学生が世間を賑やかにしているが、タレントの誰だったか忘れたがガムテープのような財布を持ったようなガキに負かされやがって、などとコメントをしていた。詳しいことは忘れたが、ガムテープのような財布といったのが面白かった。お金はしっか…

高額アルバイト

高額アルバイトと入力してあれこれ検索をすると「冠婚葬祭サクラ」という仕事があることを知りました。たとえばめでたく結婚式を挙げるにせよ、会社関係者や友人など呼んで行うのが恒例となっているわけですが、なかには無職だとかわざわざ休日に、それに祝…

2日間をシャワーで過ごす

五反田で一泊したのち三宮でさらに一泊してきました。五反田では駅前のビジネスホテルを利用しました。初めて聞く名前なので、きっと新しくできたホテルなのだろう、と思っていたのですが着いてみればかつての東興ホテル、改装し名前も変わっていただけでし…

日本は世界に冠たる占い大国、「電話占い」って知ってましたか

「日本は世界に冠たる○○国」 さて、あなただったらこの〇にいったい何をあてはめますか。 老人大国、長寿大国アニメ大国、体操大国、鉄道大国、マナー大国・・・、どうですか、突然質問されるとちょっと躓きそうですが二つ三つ挙げていくとあれこれ出てくる…

さよならムッシュかまやつさん

先日ラリー・コリエルさんが亡くなったばかりなのに今度はかまやつさんですか、とても残念ですね。石井にとってかまやつさんの思い出は「スパイダース」や「我が良き友よ」よりもなんといっても「時間ですよ」の「かまたさん」です。 時間ですよ、ご存知です…

逃げるように後にした二軒の店での出来事とは

久しぶりに神田神保町を歩きました。 石井は読書家ではありませんが本好きです、そして読書家や本好きが集まるこの街が大好きです。「仙人になる方法」という本を値段も確かめずレジに持っていくと3800円もぼったくられてしまいました、まあそれだけ価値…

加藤九段引退か、男の引き際について考える

「加藤九段破れ引退の瀬戸際」社会面の中ほどに小さく取り上げられていた記事に目がとまりました。加藤九段とは将棋の加藤一二三(ひふみ)九段、一二三九段と書くと「1239段」ですか、そりゃすごい、と多少紛らわしくなりますね。先日の三浦九段に続き…

お年寄りの行方不明について考える

「市内、○○にお住いの○○○○さん○○歳が、○日○時頃自宅を出たまま行方が分かりません。○○さんの特徴は、身長○○mくらい○型で頭髪は○髪、○色の○○を着て○色の○○を履いています。お心当たりの方は警察署または・・・・、こちらは広報○○です。♪ピーンポーンパーンポ…

「三浦九段とご家族、関係者にご迷惑をおかけしました」と言われても

「今日で仕事納めですか?」注目の新人石井です、どぉも。 『将棋ソフト不正疑惑 日本将棋連盟の谷川浩司会長が謝罪「三浦九段にご迷惑をおかけした」日本将棋連盟は27日、三浦弘行九段(42)による将棋ソフト不正使用の証拠はなかったとする第三者調査…