新宿の木下さん

毎年この時期になると「夏の甲子園」が始まるのであるが、僕はまったく興味はない。今日ネットの記事をいろいろ読んでいると、そんな高校野球に対し疑問を投げかける記事があった。書いてあることはまさにその通り、商売化に対する警鐘である。ここであれこれ書いてもしょうがないのであるがたかが高校生のクラブ活動の全国大会である、べつに炎天下、わざわざ甲子園球場で行われなくてもいいではないか。商売といたいのならせめて準決勝、決勝、そしてその前の3位決定戦(追加)で充分ではないだろうか、開催も秋でいい。

でも今では大嫌いな高校野球であるが僕も野球少年だった子供の頃は熱中して見たものである。それから進学した高校がT大学の付属校であり野球部員などはまるで「傭兵部隊」、今でもこんな学校に進学したことを後悔している。入学した春、それから1年生時代の夏、わが校は目出度く甲子園に出場を果たした。春の時はまだ入学が決まった中学生、それでも団体バスに乗って甲子園に応援に向かった。行き帰りの後部座席では「先輩方」がタバコをプカプカ吸いながら下品なわだいで盛り上がっていた。

「こんなバカがいる高校へ行くのか」そう思うと本当に悲しくなったことを今でも思い返すことができる。そして夏、僕は空手部の一年生であった、この空手部が僕の人生をぶち壊しにしてくれたのが・・・。夏の大会の時は応援団同士がけんかを始め僕も空手部の一員として修羅場に駆り出された。原因は知らぬがいざ決戦の時は真っ先に飛び出すよう「指令」をうけていた。つくづくバカバカしくなったが当時はすっかりビビってしまい生きて帰れないのでは、などともほんとうに思ったものである。

しかし応援団の3年生の貫禄はもう見事、2歳年上とはいえもう大人である。けが人も出さず団旗を奪い取り意気揚々として引き上げたのである。嘘のような話であるがこれは本当に体験した話、今から40年以上前の話である。「嗚呼花の応援団」が流行ったころでした。縁あって当時応援団の2年生であった木下さんとは今も付き合いがあります、あの頃は本当におっかなかった先輩も今では新宿で占い師、占い師には資格が不要だしあの頃から人に揉まれてきたからね。

そういう彼の占いはまんざらでもなく当たるそうです、最近姿を見ないようですがどうされたのでしょうか。

毛深い男がいるとどこか気になるようである

上野の文化ホールで久しぶりにコンサートを観た。こじんまりと落ち着いた感じがとてもいい会場ではあるがステージがわりと低く、また前の方は床がフラットぎみなので前の席に図体のデカいおっさんなどがいると、ちょうど真ん中の視界が遮られ肝心の演奏者が全く見えなくなったりする。ドームのロックコンサートなどもそうなのだが、場所にもよるがアリーナ席で見るよりもスタンド席の方がはるかに観やすかったりする。女性の方などこういった思いをよくされるのかな、などと思ってみたりした。

そしてこの日も運悪く僕の目の前にはオヤジの後頭部が、おまけに落ち着きがないオヤジでしょっちゅう動くのでそのたびに僕も隙間を確保するため身体をねじったり、かがめたり忙しい。だんだん腹も立ってくる、素直に音楽を楽しめばいいのに、そういった心の余裕がないのであろう。9時過ぎにコンサートは終了になり腹も減っていたので何か食っていこうかとも思ったがよっぱらったサラリーマンがたくさんいそうなのでとっとと帰宅の途を選ぶ。帰りの電車内でさっきまで観ていたコンサートで演奏された曲を順に並べてみると途中からつながらない、もう忘れているのだ。

しかしとなりの席にいた青年の二の腕がやたらと毛深かったことがなぜか浮かんできた、こんなことまで記憶をしていたのかと思うと不思議でならない。ネットで男性脱毛のことを調べて以来、毛深い男がいるとどこか気になるようである。自宅を出る前に見ていたテレビ通販では脱毛ワックスが取り上げられていたが今では男性も普通に使用しているらしい。そしてここ上野にも男性専用脱毛クリニックがあることを思い出した。脱毛と言われても薄毛で悩んでいる方もいるわけでそんな方はどんな目で見ているのだろうか。とくに頭髪などはいい加減退化してくれないものか、そのほうが楽でいいのではないかなどと思ったりした。

尾道の思い出

20年ほど前に尾道を旅したことがある。5月の連休であったが天気が曇りで、尾道の駅に着くと今にも降り出しそうであったことが妙に頭に残っている。あの頃はデジカメなどまだ珍しく旅には「写ルンです」をよく持参した、そんなカメラで撮影された写真集が押し入れのガラクタの中から出てきた。

 

当時泊まった宿は目の前に尾道水道が広がるビジネスホテルで近所のコンビニで買った地酒(名前は忘れた)がやたらうまく窓際において尾道の夜景といっしょに写真に収めたりした。そんなどうでもいいようなものばかり何枚も簡易アルバムに閉じられている。尾道は道が細く坂道ばかりであった。

 

ぼくは車が嫌いなので、こういった細い道があると好んで歩いたりするのだが、坂道と神社しかなくだんだん飽きてきたことも懐かしい思い出である。たまに「自撮り」をしたりしているが当時着ていた服がやたらと懐かしい。

 

青いジャケットとエンジのシャツである。当時は身体も一回り大きくサイズもLLだった。途中志賀直哉先生の住んでいた家がありしばらく時間をつぶすことが出来た、この家の間取りは僕好みでありこんな家で暮らしてみたいものだなどと言って、誰も周りにいないのを確認してから座敷に仰向けになり伸びをした。

 

志賀さんの家といえば奈良公園のなかにもあったはずだ。写真を見ながらこんなことを思い出していた、しかしあれからもう20年、たぶん20年後などあっという間であろう。そんな広島には友人がおり来月あたり久しぶりに会おうか、といった話になった。

 

いったい彼が広島のどこに住んでいるのかは知らないがたまに遠出するのも悪くはない。彼は小さな雑貨屋さんを営んでおり財布のことがやたらと詳しく、酒を飲むとやたらとうんちくをたれる癖がある。

 

根が善人なので悪い気はしないのだが最近は占いに凝っているらしく、近所の有名な先生とよく会っては話すそうである。なんでも駅前の喫茶店で鑑定をしてくれるそうで地元ではけっこう有名らしいがこのなかにいるかもしれない。

 

財布も縁起物だからとても占い師の話も参考になるらしい。今度会う時にはそんな話がゆっくり聞けそうである。

お財布について

将棋界では中学生が世間を賑やかにしているが、タレントの誰だったか忘れたがガムテープのような財布を持ったようなガキに負かされやがって、などとコメントをしていた。詳しいことは忘れたが、ガムテープのような財布といったのが面白かった。お金はしっかりとした革の財布に入れて持ち歩くのが常識、もちろん中学生にそんなことを言ってもしょうがないのだろうが。

 

しかしよく見てみると、財布に無頓着な人はほんとうに多い。高そうなスーツを着ても安全靴のような薄汚い靴を履いていればイメージは台無し、財布にも同じことがいえるのかもしれなし。いい年をしたおっさんがボロボロでレシートやガードで膨らんだ二つ折りの財布を取り出せば、なんというかその男の正体がわかってしまう。

 

またお金の取り出しかたもそうである、こういったことは見る人は見ている、店員さんが客を値踏みする時などがそうである。

スーパーで買い物を救時などついついおばさんさちの持つ財布に目が行ってしまう、総じていえば革製、ジッパー付き筆入れのような大きさで収納力バツグンタイプ、中にはみなさんカードがたくさん入っています。

 

たいしておっさんはどうかというと、どうもさえない。小銭入れに小さくたたまれ無理やり押し込まれた千円を引っ張り出して広げる姿は哀愁すら漂っている。やっぱりお金はキレイで良いお財布にしまっておきたいものですね。

 

特に大人になったならそれなりのものは持ちたいもの、ではここ静岡で探すとならばどこがいいのでしょうか。金運を考えるのなら占い師さんに相談するのも一つでしょう。そんなことまで占ってくれるの、と思うかもしれませんがペットの気持ちまで相談もできますよ。

 

もちろん先生によってですが。2017年も折り返しです、心機一転を図りたいところ、では下期の自分の運勢はどうなんだろう。やっぱり占ってもらおうかといった人がとても多いんです、と占い師さんは言っていました。

 

もちろん僕も鑑定をお願いした人間の一人です。ちなみにお財布についてはまだ換える必要はありません、とのことでした。

高額アルバイト

高額アルバイトと入力してあれこれ検索をすると「冠婚葬祭サクラ」という仕事があることを知りました。たとえばめでたく結婚式を挙げるにせよ、会社関係者や友人など呼んで行うのが恒例となっているわけですが、なかには無職だとかわざわざ休日に、それに祝儀まで用意してきてくれるような関係の友人などいないといった人だっているわけです。そんな時に花を添えてやる「フリ」をしてやる仕事です。

 

バカバカしいとは思いますが、こういった仕事が成り立っているのも事実、ようするに必要とされているのでしょう。体裁や見栄もあるでしょう、僕なども人間関係が苦手というか嫌いなタイプなのでこういった気持ちはよくわかります。しかしこうなると組織とは有り難いものです。どんなにいやな奴でも、不幸があれば顔を出さざるをえません。相手からしてみても顔が立つわけですから。

 

やっぱりバカバカしい話ではありますが。しかし自分自身がくたばった時、いったい誰が送ってくれるのでしょうか、村八分とはいっても家事と葬式の2分については話は別、手を貸しましょうとなっているではないですか。サラリーマン時代総務関係の仕事をしていたので、よく葬祭ごとには手伝いとして顔を出しましたが、参列者の数が故人の生きざまをあらわしているように見えてしまいます。

 

さてそんな高額アルバイトの中面白そうだったのが「チャットレディ」、おもしろそうというよりも極めてまともな商売として映ったからです。ネットキャバクラともいわれていますね、チャットを通してエッチな会話を楽しむサービスです。時給は4200円などと謳っていますが正しくは「分給」、相場は60円くらいでしょうか。

 

時給とはあくまでも60分間会話が出来たらの換算で会って5分で終われば300円でおわりです。募集広告は調子のよいことばかり書いてありますが、実際稼ぐことは難しいでしょう。だから稼ぐ人は稼ぐのです。風俗の仕事として割り切ってのぞめばそこそこ行くのではないでしょうか。なによりも在宅でもOKなにが魅力でした。

2日間をシャワーで過ごす

五反田で一泊したのち三宮でさらに一泊してきました。五反田では駅前のビジネスホテルを利用しました。初めて聞く名前なので、きっと新しくできたホテルなのだろう、と思っていたのですが着いてみればかつての東興ホテル、改装し名前も変わっていただけでした。

いったい何泊したのかいちいち記録しているわけではないのでわかりはしませんが、サラリーマン時代はこの五反田界隈のホテルであれば20年間で、200泊はしていると思います、ビジネスホテルとはいっても、どうでもいいことまで見ればけっこう特徴があるもので、今でも記憶を頼りにガイドブックでも書けるくらいです。

さて、その元東興ホテルなのですが店名は忘れてしまいましたがハイカラな名前に変わりあたりまえの話ですがフロントなどもすっかり姿を変えてしまいました。なんといっても変わったのは部屋が狭くなったことでしょうか、勝手な印象で言わせてもらえば、各階の部屋を一回り狭くすることによってホテル全体の部屋数を増やしたのではないでしょうか。

もともとビジネスホテルはどこも狭い作りになっています、それがさらになのでその圧迫感はなかなかのものでした。しかし閉口したのはお風呂です、浴槽がなくなりシャワーだけ、しかもその広さは電話ボックス以下、透明なガラス扉で仕切られておりまるでケースの中に押し込められてようです。

のんびりはできなくても、お湯に浸かることによってその日をリセットすることが出来ずとても不快でありました。翌日の三宮の方はどうかというと、こちらは室内も広くゆったり感にも満足、特に椅子がとても座り心地がよかったのですが、なぜかこの部屋にも浴槽がありません。

シャワーだけ、たしかに洒落たシャワーで上だけではなく横からもお湯が心地よく噴射されます、広さも十分余裕があるのですがやっぱり物足りません。すべてのシャワーを全開にして左右からもお湯を浴びていると、洗浄されているといった気分でした。

その後マッサージを頼むと先生は元美容師さんであったという、とても感じの良い方だったのでほっとしました。季節の変わり目は頭髪や頭皮も刺激を受けやすいのでシャンプーには気をつけましょう、そんな話をしました。

なんでも一番よくないのは洗いすぎること、頭皮の乾燥を招きかゆみや臭いのもとになるからと教えてもらいました。髪のニオイに悩んでいる方はこのシャンプーが評判のようです。

日本は世界に冠たる占い大国、「電話占い」って知ってましたか

「日本は世界に冠たる○○国」

 

さて、あなただったらこの〇にいったい何をあてはめますか。

 

老人大国、長寿大国アニメ大国、体操大国、鉄道大国、マナー大国・・・、どうですか、突然質問されるとちょっと躓きそうですが二つ三つ挙げていくとあれこれ出てくる気がしませんか。

 

「老人大国」とくれば万引き大国なんて形容も連想できますね、いやこれは高齢者に失礼かもしれませんが、しかし事実には変わりありません。治安大国だのマナー大国とかいわれていますが日本の意外な一面を見る思いがしませんか。

 

被害総額はなんと年間4615億円、これは世界第二位の被害額です!

 

こんな発表もいつだったかありましたね、振り込め詐欺でも480億円と言われていますからそのひどさもまかりますね、1日当たりにすればなんと12億以上の被害が出ているから驚きです。

 

ここではお年寄りの万引きについてあれこれ言うつもりはありませんが、意外なのは外国では万引きの被害が日本より少ないこと。ほんとうでしょうか、どうやらここには万引きに対する「処罰」の重さの違いが関係ありそうです。

 

簡単に言えば日本は「軽すぎる」のです。

 

なんせ「片腕を切り落とす」なんて国もあるわけですから。こうなると、たかが万引きではなくもう命がけなんでしょう。

 

万引きGメンに説教されて終わる国とは比較対象にもなりませんね。

 

さて、○○大国の続きです「占い大国」などはどうでしょう。そう日本は世界に冠たる占い大国でもあるわけです。

 

たとえば雑誌を例にすれば、ほぼどんな奴にも星座占いや今週の運勢のコーナーが載っています、まああまり気にしませんが。

 

ただ女性誌になるとやっぱり多いですね。

 

「占い」を信じますか?とくに男性はあまり興味はなさそうでしょうが、やはり占いに頼る方は女性に多いようです。

 

でも石井が意外だったのは占い師には「資格」がないことでした。

 

誰でも彼でも占い師を名乗り占いをもって業とすることが出来るらしいのです、モノを仕入れる必要はなさそうですし副業に出してみませんか。

 

そんな占いではいま「電話占い」がとても人気があるそうです、なかなか面白そうですね。

 

電話で鑑定を依頼、1分あたり約200円なので30分では6000円ですか、でもこれで心がはれれば、やっぱり安いものではないのでしょうか。